「ほっ」と。キャンペーン

ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

毎日小学生新聞 きょうのなぜ? 植物の冬越し

本日2月19日の毎日小学生新聞「きょうのなぜ?」
「植物はどうやって冬を越す?」の記事を書きました。
イラストはうちやまだいすけさん。
お話をうかがったのは、国立科学博物館付属自然教育園の支倉千賀子さんです。
b0231554_12063420.jpg
植物は成長しにくい季節が近づくと、いろいろな工夫や準備をします。

寒さに弱い植物は、冬を休眠状態で越しますが、
ただ休んでいるわけではないんですね。

冬芽の葉や花は、未熟なものではなく、
あとは成長するだけのできあがったかたちで
縮まっていたり、カバーに覆われていたりするとのこと。

植物を見ると、いつも人に重ねて見てしまうのですが、
人生に休眠の必要なときもあるのだろうな、と思いました。

成長しにくいとき、弱っているとき、思うようにいかないとき、
まるで休眠しているような状態にあったとしても、
心のうちに育っているものがあるのではないでしょうか。

いずれ花開く季節がくる。
それまで、しっかり休んで栄養をたくわえておくのも大事なのだろうな、と思いました。







[PR]
# by arisasaki | 2017-02-19 11:22 | 新聞 | Trackback

応援チョコ

今日は、息子の高校入試出願日。

息子いわく、
「倍率に関係なく、最後までやり抜くだけ。
 それでダメなら、自分の力が足りなかったんだから、しかたがない」

その覚悟があれば、だいじょうぶ。
ここにきて、息子の成長を感じます。

ラストスパート中の息子を励ますため、義母から応援チョコが届きました。
b0231554_19090615.jpg
これでもうひとがんばり、できそうだね。

受験生それぞれに第一志望があると思うけど、
いま思う望みが叶ったとして、後々も最良になるとは限らないからね。

きっと長い目でみて、その人にとって一番いい道が用意されていると思うよ。

気負いすぎず、どーんといってみよー。



[PR]
# by arisasaki | 2017-02-07 18:59 | 日々のこと | Trackback

当たり前を疑え!

気忙しい日々を送っていますが、
次の仕事に入る前に頭の切りかえを兼ねて、
東京藝大の卒展を見てきました。

多くの藝大生の作品から感じたのは、

そういうものだと思っていることは、本当にその通り?

という問いかけです。

あなたが"ふつう"と思っていることは、本当にふつうなんだろうか。
ちがう見方もあるはず。

そんな問いかけに、頭の空気を入れ換えられた気がしました。

行ってみて、よかったです。

上野公園の噴水。チューリップが咲いていました。
b0231554_10060359.jpg





[PR]
# by arisasaki | 2017-02-03 10:08 | 日々のこと | Trackback

歌謡ショウ@動物園

みなさまに、和みステージをおとどけ。

♪前奏待ち。
司会者「遠い北米の草原から、流れ流れてたどりついた。
    園育ちの箱入り娘。プレーリードッグさんが歌い上げます。
   『東の園で』」
b0231554_14165412.jpg
♪こがらし〜ふきすさぶ〜
 ひがしの はての その〜
b0231554_14173113.jpg
バックダンサー登場(花柳社中)
b0231554_14293325.jpg
つづく?


[PR]
# by arisasaki | 2017-01-20 14:31 | 思いつき | Trackback

ジュニアメイト2月号

メイトの月刊えほん「ジュニアメイト」2月号のおはなし
「ひつじかいと おおかみ」の文を担当しました。
絵は、島田コージさん。
b0231554_10023017.jpg

b0231554_10111022.jpg
「おおかみがきたぞー」で、おなじみのお話の再話です。

うそをつくと、困ったことになるという展開は、
子どもにとっては、ひえええ〜と思うところでしょうが、
ほんわかしたタッチの絵に、ほっとします。

ほかに、
うたってあそぼ「ほっかほかのほ」(作詞/水谷龍二、絵/ささきみお)
の手遊びうたは、QRコードからのリンクで振り付け動画も見られるので、
読み語り前のプログラムに活用できそう。

せいかつ「げんきに あそぶとね……」(絵/はらちえこ)で、おにごっこに誘い、
ふろくの「おにのおめん」につながるというように、
寒いこの時季にあって、ぽかぽかになる内容が詰まっています。



[PR]
# by arisasaki | 2017-01-15 10:07 | 出版 | Trackback