ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

卒業、新たな出発

先週、息子の卒業式がありました。
本人いわく、
「(自分は)いてもいなくても気付かれない、極めて影の薄いキャラ」

にも関わらず、先生方は息子のことをよく見て、長所を評価してくださいました。
おかげで、息子は自分の力を信じて、最後までぶれることなく、
受験に向かうことができました。

幼いころの息子は優しく、泣き虫だったので、からかわれることが多く、
小学生のころは、すっかり自信をなくしていました。
それがいまでは、芯の太い人間になっていて、驚くばかりです。

これほど成長できたのは、友だちや先生方のおかげです。

人との出会いが、その後の人生に大きな影響を及ぼすことがありますが、
息子もまた出会いによって、背中を強く押してもらったように思います。

親として感謝の言葉しかありません。
息子に関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。


ここ二日ほど、引き出しのなかにしまったものの断捨離を行いました。
息子の受験関連もありますが、ほかにもこまごま、とりあえずとっていたものが
ざくざく出てきました。

懐かしい写真や手紙に見入ってしまい、なかなか進まないのは、お約束……。

仕事の資料も、整理しました。
毎日小学生新聞が4月から紙面改編するにあたり、
私が担当していたコーナーもなくなります。
ひとつの区切りとして、資料を整理することができて、すっきりしました。

義母からお祝い膳のごちそうをたっぷりいただいたおかげで、
片づけに集中できたのも、ありがたかったです。
b0231554_16265711.jpg
これはほんの一部。おいなりさん、うどの煮物、きんかん、おいしい〜。


その二週間ほど前には、甥っ子がサプライズで我が家にやってきて、
息子の合格を祝ってくれました。
b0231554_16454944.jpg
とろ〜り、ふわふわのチーズケーキ&チョコケーキ。


サプライズもすごくうれしかったけど、
手土産を買ってくるような大人になったんだなあと、
しみじみした喜びがありました。

片づけ中、その甥っ子の5歳頃の写真も出てきて、また感慨に浸りましたよ。

家族の成長を見られるなら、老いていくのも悪くないですね。

夫も4月から、仕事の流れが変わるので、
この春は、佐々木制作所のターニングポイントになりそうです。

家族3人そろって、新たな出発。
がんばりまーす!




[PR]
# by arisasaki | 2017-03-20 16:30 | 日々のこと | Trackback

感動のどうぶつ物語 キセキの扉

西東社「感動のどうぶつ物語」シリーズの5冊目、
『感動のどうぶつ物語 キセキの扉』の見本が届きました。
b0231554_17003054.jpg
動物好きな女子、青空純をストーリーテラーとする、マンガと読み物の短編集。
人が責任をもって動物とともに生きるストーリーが多数、収められています。

私は、飼育体験や、野鳥保護、災害救助犬のストーリーと、
騎馬隊員になった馬や、ピアノ調律師と小鳥のマンガシナリオを担当しました。

青空純の恋の行方も、見逃せません。
今後の進展にも注目です!



[PR]
# by arisasaki | 2017-03-18 17:24 | 出版 | Trackback

毎日小学生新聞 きょうのなぜ? 植物の冬越し

本日2月19日の毎日小学生新聞「きょうのなぜ?」
「植物はどうやって冬を越す?」の記事を書きました。
イラストはうちやまだいすけさん。
お話をうかがったのは、国立科学博物館付属自然教育園の支倉千賀子さんです。
b0231554_12063420.jpg
植物は成長しにくい季節が近づくと、いろいろな工夫や準備をします。

寒さに弱い植物は、冬を休眠状態で越しますが、
ただ休んでいるわけではないんですね。

冬芽の葉や花は、未熟なものではなく、
あとは成長するだけのできあがったかたちで
縮まっていたり、カバーに覆われていたりするとのこと。

植物を見ると、いつも人に重ねて見てしまうのですが、
人生に休眠の必要なときもあるのだろうな、と思いました。

成長しにくいとき、弱っているとき、思うようにいかないとき、
まるで休眠しているような状態にあったとしても、
心のうちに育っているものがあるのではないでしょうか。

いずれ花開く季節がくる。
それまで、しっかり休んで栄養をたくわえておくのも大事なのだろうな、と思いました。







[PR]
# by arisasaki | 2017-02-19 11:22 | 新聞 | Trackback

応援チョコ

今日は、息子の高校入試出願日。

息子いわく、
「倍率に関係なく、最後までやり抜くだけ。
 それでダメなら、自分の力が足りなかったんだから、しかたがない」

その覚悟があれば、だいじょうぶ。
ここにきて、息子の成長を感じます。

ラストスパート中の息子を励ますため、義母から応援チョコが届きました。
b0231554_19090615.jpg
これでもうひとがんばり、できそうだね。

受験生それぞれに第一志望があると思うけど、
いま思う望みが叶ったとして、後々も最良になるとは限らないからね。

きっと長い目でみて、その人にとって一番いい道が用意されていると思うよ。

気負いすぎず、どーんといってみよー。



[PR]
# by arisasaki | 2017-02-07 18:59 | 日々のこと | Trackback

当たり前を疑え!

気忙しい日々を送っていますが、
次の仕事に入る前に頭の切りかえを兼ねて、
東京藝大の卒展を見てきました。

多くの藝大生の作品から感じたのは、

そういうものだと思っていることは、本当にその通り?

という問いかけです。

あなたが"ふつう"と思っていることは、本当にふつうなんだろうか。
ちがう見方もあるはず。

そんな問いかけに、頭の空気を入れ換えられた気がしました。

行ってみて、よかったです。

上野公園の噴水。チューリップが咲いていました。
b0231554_10060359.jpg





[PR]
# by arisasaki | 2017-02-03 10:08 | 日々のこと | Trackback