ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

あもさん

うすうすお気づきのことと思いますが、
我が家はみなさまのご慈悲により、多々助けられております。

大好物のあんみつも、日々の生活費を思うと、そうそう買うことができません。
が、やさしい方が、時々差し入れをしてくださいます。

私どもは感謝と親しみをこめて、その方を「あんみつさん」と呼んでおります。
あんみつさんは、時々「ねりきりさん」にもなってくださいます。

そんな話をしたからでしょうか。
慈悲深い方が、和菓子を差し入れてくださいました。

高級和菓子、叶匠壽庵の「あも」です!
b0231554_10590289.jpg
むかし、宮中の上級女官たちが使っていた言葉を「女房言葉」といい、
餅は「あも」と言っていたそうです。

上品な餡と、なかからとろりと出てくる抹茶味の餅。
とーっても、おいしかったです。

このあもを下さった方を、今後は敬意を込めて「あもさん」とお呼びしようと思います。

秋田の万能調味料「味どうらくの里」も、届きました。
b0231554_11105706.jpg
これ一本で、いろいろな料理ができるという優れもの。
早速、夫がレシピを見て、鶏のうま煮を作ってくれました。

これからは、この方を「どうらくさん」と……、
いえ、誤解を呼ぶので、やめておきましょう。

「そろそろ疲れがでているだろうと思って……」と、
私どものからだを気遣ってくださった方から、
「高麗 紅蔘茶」をいただきました。
b0231554_11222936.jpg
顆粒のお茶を湯に溶かして飲むと、
体の中からポカポカしてきます。

血行が悪くなる冬季にもお世話になりましたが、
ここのところの天候不順による気温差とか、
冷房の効いた場所と炎天下のギャップとかで
へろへろしてきたときにも、助かります。

この方はお茶目で懐の広い方なので、
「にんじんさん」とお呼びしたら、おもしろがってくださる気がしますが、
そう呼ぶわたしは「おねだりさん」になるので、やめておきます。

不安定な天気が続いております。
みなさまも、どうぞお体大事になさってください。



[PR]
by arisasaki | 2017-08-02 11:40 | Trackback
トラックバックURL : http://arisasaki.exblog.jp/tb/27025429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。