ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

毎日小学生新聞 仕事ずかん:テレビ番組プロデューサー

本日10月20日の毎日小学生新聞
「仕事ずかん テレビ番組のプロデューサー」の記事を書きました。

お話をうかがったのは、Eテレ「シャキーン!」のプロデューサー望月欧州さん。
b0231554_10280129.jpg
Eテレの番組は他にはないユニークさがありますが、
10年前に「シャキーン!」が始まったときも、斬新だなあと思いました。

お話をうかがっていて、深くうなずいたのは、
「子ども番組も一般の番組もつくるうえで、ちがいはない」ということ。

子どもは、大人が手加減したことを、すぐ見破りますし、
つまらなければ、見るのをやめます。
大人のように慣習的に見続けることはないので、
むしろ大人より厳しい批評家といえるかもしれません。

さらにうなずいたのは、
「子どもの発想は、こちら(制作側)の考えのはるか上をいく。
子どもの発想に大人が勝てるわけない」ということ。

望月さんが、視聴者や出演者の子どもたちに
敬意を感じているのが伝わってきました。

児童書を書いている者としても、とても共感しました。
お話がうかがえて、よかったです。

本文は、下記でも読めます。












[PR]
# by arisasaki | 2017-10-20 10:47 | 新聞 | Trackback

思い出を語るのもいいもんだ

ハピさんが亡くなってから2年が過ぎました。

これは、幼鳥期。
b0231554_15135053.jpg
まだ飛ぶことはできないけれど、
私たち家族の様子が気になったようで、
飼育ケースから、ぴょこーん、ぴょこーんと飛び上がって、
縁につかまった時のものです。

いまも時々家族で、
ハピさんは、あのときああだったねとか、
お父さんにはあんなことしていたねと、語り合って笑います。

それが、なんだかとても幸せなことに感じるのです。

思い出すだけで、楽しく、あたたかい気持ちになれるなんて、
小さな体で、ずいぶん大きなものを残してくれました。

共通の思い出を語れる相手がいることも幸せなことだなあと、
しみじみ思います。


先日、インコのチャームをいただきました。
インコグッズを見ると、私を思い出すと言ってくださって。
b0231554_15372268.jpg
うれしいなあ。

インコには関係ないですが、また別にいただいたもの。
b0231554_15393990.jpg
しっかり、お酒の味がします。
「酒パウダー」なるものが入っているそうです。

私のことを思いだしてくださる方がいるなんて、
なんてありがたいことでしょう。

ハピさんのように、思い出すと楽しくなるような存在でありたいな。




















[PR]
# by arisasaki | 2017-10-15 15:47 | ハピさん | Trackback

がんばれ! しゃくとりむしくん

強い風雨の夜が明けた朝、
ベランダの隅でまごまごしている、しゃくとりむしを発見。

フウセンカズラのフウセンに穴があき、フンが落ちていたので、
なんらかの幼虫がいるのは知っていたのですが、姿を見たのははじめてでした。
b0231554_09260705.jpg
強風でフウセンカズラごと、飛ばされたのだろうと、
夫が再び、フウセンカズラに戻しました。

あれから、また姿が見えなくなり、フンだけ落ちています。

フウセンカズラもほとんどが茶色く枯れてきて、
そろそろ閉店の模様。
食べ物があるうちに、成虫になって飛び立っていけるといいなあと、
秘かに応援しています。

がんばれ! しゃくとりむしくん(さん)

今夏、ことごとく激辛だったシシトウ。
こちらも、そろそろ閉店でしょうか。
b0231554_09263336.jpg
作家仲間に聞いた話によると、シシトウはストレスがあると激辛になるとか。
うちのベランダは、午前中は暑く、午後は潮風が強くなるので、
植物には過酷な環境なのでしょう……。

がんばれ! シシトウくん(さん)

そして、暑さにも強いという、ペンタス。
b0231554_09264875.jpg
この環境にもめげず、咲き続けてくれています。

がんばれ! ペンタスさん(くん)





[PR]
# by arisasaki | 2017-09-25 09:34 | 日々のこと | Trackback

しもフェア企画案

全国の書店のみなさま

いつも大変お世話になっております。
今回は、昨今の人気に乗っかりました「しもフェア」を提案させていただきたく、
夜も寝ないで、昼寝して考えました。
ご一読願えましたら、幸いです。

【仮題】
本当は幅広いしもの世界(略して、しもフェア

【ねらい】
ポプラ社様の「おしりたんてい」シリーズ、
文響社様の「うんこ漢字ドリル」が人気を博しておりますが、
"しも"にまつわる本は、これだけではございません。

動物のウンコについて解説した図鑑や絵本、
トイレトレーニングから、トイレを擬人化した絵本まで、
楽しくて、ためになる、しもネタ本が多数、発刊されております。

この、めくるめく「しも」ワールドへ
消費者のみなさまを誘い、気がついたら抜け出せなくなるまで、
集中して売り出してみるのは、いかがでしょうか。


下記は、展開案の一例でございます。
b0231554_21301759.jpg
うすうすお気づきのことと存じますが、
この企画の裏には、「おしり」と「うんこ」に隠れた「おなら」にも愛の手を!
という心がございます(下だけに)。

『おならくらげ』(フレーベル館)は、おならがくらげになる奇想天外の展開ながら、
自信の持てない子どもを応援する、爽やかなストーリーです(うっすら臭いは残りますが)。
b0231554_21521102.jpg

しも、この企画が実現しました折には、
どんなに遠い場所でも、ささきありが自費で応援にかけつけさせていただきます。

その折は、自作のおならくらげ着ぐるみを装着して臨みます。

子どもたちに「なんだ、こいつ」「気持ちわりー」「へんなの」と
罵倒されようとも、蹴飛ばされようとも、
愉快なおならくらげ踊りで、煙に巻く所存です。

さらに、乗っからせていただくならば、
おしりたんてい様と、うんこドリル様の着ぐるみと、しも3兄弟として、
握手会に臨ませていただくことが、はかない夢でございます。

今年半期の企画として、
どうか貴店で展開をご検討いただきたく、お願い申し上げます。






[PR]
# by arisasaki | 2017-09-12 21:46 | 思いつき | Trackback

フェス

第4回「ぶっく すきっぷ 庭時計」、楽しかったです。

わたしは創作の発想などについて話させていただきまして、
その後、「読み返したくなる本、もしくは読み返した本」をテーマに、
みなで順番に紹介しました。
b0231554_16032179.jpg
自分では選ばないであろう本を知ることは新鮮で、
ちがう世界を垣間見るような悦びがあります。

また、好きな本について語るとき、その人の心の内が表れるので、
普通の会話をするより、ぐっと親しくなれるように感じます。

本を語る会、みなさんも身近な人とやってみてはいかがでしょう。
楽しいですよ。

翌日は、日中は仕事をして、
夕方から、夫と「ぴあフェス」に行ってきました。

写真は、幕間のステージ。
この解放感がたまりません。
b0231554_22001113.jpg
アジカンが目当てでしたが、WANIMAやTRICERATOPSもとても良かった!
いいなあと思える音楽が増えるのが、フェスのいいところ。

充電できたので、また仕事がんばります!





[PR]
# by arisasaki | 2017-09-11 22:20 | ワンシーン | Trackback