ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の絵本イベント

横浜市緑の協会主催「山手西洋館 絵本フェスティバル」が
今夏(7月25日〜28日)も開催されます。

日本児童文芸家協会も協力参加します。

ということで、本日、委員会メンバーで打ち合わせに行ってきました。

今年の会場は、元町公園のべーリック・ホール。
b0231554_2264662.jpg


スパニッシュスタイルを基調にした、贅沢な造りの洋館です。
b0231554_22114731.jpg
b0231554_22113424.jpg

こんな美しい洋館で絵本の世界にひたれたら、すてきでしょうね。
そうなるよう、メンバーでいろいろ知恵をしぼって計画しています。


また、近くなりましたら、お知らせいたしまーす。
[PR]
by arisasaki | 2013-04-28 22:20 | お知らせ | Trackback

絵本展終了

本日「みんなの絵本展」終了しました。

様々な方々とお話をし、
いい刺激をたくさんいただくことができました。

もっともっと書きたい!と思いました。
(まずは、たまっている仕事を片づけなくては……)

ご来場いただきましたみなさま、
気にかけてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

みなさんのお気持ち、とてもうれしかったです。
[PR]
by arisasaki | 2013-04-24 19:13 | お知らせ | Trackback

絵本展開催中

みんなの絵本展」24日(水)午後3時まで開催中です。

b0231554_10442894.jpgb0231554_10441433.jpg
20日(土)13時30分〜は、読み語りタイム。
私たち作家も順番に読み語りしますが、すてきなゲストが登場します。

声優の愛河里花子さん!
「ポケットモンスター」や「とっとこハム太郎」「名探偵コナン」「ペンギンの問題」等々、人気アニメに出演していらっしゃいます。

同日、同じ施設内のおもちゃ美術館でも読み語りイベントがありますので、
まるっと1日、ご家族で楽しんでいただけたらと思っております。

21日(日)14時30分〜は、イラストレーターさんたちによる人形劇。
人形はイラストレーターさんたち製作のもので、
作家の絵本を脚本にしています。

楽しい2日間となっていますので、足を運んでいただけましたら幸いです。
[PR]
by arisasaki | 2013-04-19 10:46 | お知らせ | Trackback

南極からの便り

昨年の10月、砕氷艦しらせの見学をした際、
乗組員の方にハガキを託しました。

郵便物は観測隊への物資とともに南極に届けられ、
帰りの便で南極観測隊からの郵便物を日本に届けるようになっているとのこと。

で、私たちが託したハガキは南極の郵便局から送る、という手配をしてくださったのです。

そのハガキが無事に旅を終え、帰ってきました!
b0231554_1721771.jpg
南極で押された日付は、平成25年の1月1日。

実に3か月をかけて、南極から帰ってきてくれたのです。

ハガキはどんな景色をみてきたのでしょう。

思いがけない出会いや別れもあったのでしょうか。

息子は「わあ〜」と、ハガキを抱きしめましたが、私も同じ気持ちになりました。

万感の思いをこめて、「おかえり〜」
[PR]
by arisasaki | 2013-04-11 17:17 | 日々のこと | Trackback

児童文芸4・5月号

児童文芸4・5月号の特集は「年中行事を楽しもう!」
b0231554_18324310.jpg
年中行事は四季折々の美しさを感じ、
自然の恵みに感謝して、みなで愉しむために行うもの。

保育絵本の編集者さんの寄稿を読んで、
なるほどと、あらためて納得しました。

年中行事に参加することは、古より伝わってきた人々の思いを伝えていくことになるのですね。

今号では年中行事をテーマにした創作が盛りだくさん。
それぞれに味わいの異なる物語や詩が並び、読み応えがあります。

このうち、私は九月の十五夜をテーマに書かせていただきました。

中国より十五夜の祭事が日本に伝わった後、
平安時代の頃は貴族の間で観月の宴が催されるようになったということから
イメージをふくらましました。

タイトルは「月と怪物」。

みなから疎まれ、ひとりぼっちの怪物の君が心を寄せたのはお月様。
しかし、十五夜の日、満月は怪物の君だけのものではないとわかって……。

この物語を書く間、嵐の「Monster」を聴いていました。

『怪物くん』の主題歌だから、「怪物の君」なんですねー。

と、隠れた遊びを入れましたが、物語はちょっぴり切ないお話です。
[PR]
by arisasaki | 2013-04-04 18:58 | 出版 | Trackback