ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

「おならくらげ、海を渡る」の巻

『おならくらげ』が、韓国でも発売されまーす!

韓国語版(Lime)の表紙は、緑色。これまた、かわいい。
絵は日本版と同じく、ザ・キャビンカンパニーさんです。
b0231554_17321768.jpg
左開き、横組み文字になるので、日本版とはデザインが変更されました。
すてきな仕上がりに、うきうき。

『おならくらげ』はゆかいだけど、それだけじゃない、心のなかを描いた物語です。
韓国のみなさんの心にも、響くといいなあ。

海を越えていくのは心細いかもしれないけど、
きみなら、だいじょうぶ。
韓国で大きく育ててもらうんだよ。

がんばれー、おならくらげ!!


[PR]
# by arisasaki | 2018-05-11 17:43 | 出版 | Trackback

上野の森親子ブックフェスタ終了〜

「上野の森親子ブックフェスタ」盛況でした〜。

わたしはサインセールを行ったテントに1時間ほどしかいられなかったのですが、
本を手にとって見てくださったり、最初から最後までじっくり読んでくださったり、
そして、購入してくださった方もいらして、うれしかったです。

とくに、ある男の子が夢中になって読んでくれたのが、うれしかったなあ。
b0231554_12454171.jpg
午後は国際こども図書館で開催した講演会「『赤い鳥』を学ぶ」
のスタッフとしての仕事があったためテントから離れましたが、
その間に、昨年、拙著をご購入くださった方が、またテントにいらしてくださったと聞きました。

とーってもうれしかったです。
ありがとうございました!
また、お会いできますように。

そしてなにより、このイベントの運営スタッフのみなさまに大変お世話になりました。
実に多くの方々が、準備から関わっていらっしゃるのです。
無事に開催できたのは、そうしたみなさんのご苦労あってです。
本当にありがとうございました。
また来年、よろしくお願いいたします!

作家仲間の穂高順也さんと。
穂高さんの「金ウン」を触らせていただきました。御利益あるかな〜?
b0231554_12463540.jpg





[PR]
# by arisasaki | 2018-05-06 12:48 | レポート | Trackback

上野の森 親子ブックフェスタ2018

「上野の森 親子ブックフェスタ2018」
5月3〜5日、上野恩賜公園 中央噴水池広場で開催されます。
b0231554_09363440.png
児童書を扱う出版社がすべての本を20%割引で販売するほか、
作家による読み語りやワークショップなど、さまざまなイベントが行われます。

わが日本児童文芸家協会は5月5日に出展しまして、
わたしも10〜11時と短い間ですが、テントにてサイン本セールを行います。

午後は国際子ども図書館で行われる講演会「『赤い鳥』を学ぶ」のスタッフとして、
働く予定。
※残念ながら、こちらの講演会の申し込みは終了しております。

あとは、いい天気になることを祈るばかり。

上野動物園などに来がてら、ちらっと立ち寄っていただけましたら幸いです。
b0231554_09370453.jpg
b0231554_09370903.jpg



[PR]
# by arisasaki | 2018-04-24 18:06 | お知らせ | Trackback

明和電機25周年コンサート

明和電機25周年コンサートに行ってきました!
家族そろって、いそいそと。
大好きなんです。
b0231554_12264599.jpg
佐々木制作所の社歌をつくったのは、明和電機に倣ったから。
唯一無二の発想とセンスと、卓越した技術で、真摯にふざけたことをやりきる姿勢に
憧れ、リスペクトしております。

さらに、明和電機に倣いまして、わたしの創作の指針も、
「ニッチを狙え!」
なのであります。

ありがたいことに、コンサート中、土佐信道社長より夫がハリセンを一発いただきました。
こりゃ、幸先いいぞ!!
ということで、佐々木制作所一同、ますますの精進を誓った次第です。

ああ、楽しかった!


[PR]
# by arisasaki | 2018-04-15 12:57 | 日々のこと | Trackback

ジュニアメイト すきっぷ

メイト発行の月刊絵本
「ジュニアメイト」5月号でおはなしを書きました。
「みーんな すてき」
作/ささきあり 絵/谷村あかね
b0231554_16325526.jpg
おたまじゃくしたちが、いろいろな生きものに出会います。
会うたびに、相手がすてきに思えて、
「いいな、いいな」
すると……。

人をうらやむ気持ちを認めつつ、自分の個性に気づく。
そんな心の動きを表しました。

谷村あかねさんの貼り絵、ふわふわとしたあたたかみと
さわやかな色合いで、5月にぴったりです。

同じくメイトの「すきっぷ」5月号では、
再話「へっこきよめさ」を書きました。
文/ささきあり 絵/岩上陽子
b0231554_16332192.jpg
おなじみ、およめさんがおならで、ブォ〜ン!と
さまざまなものを吹き飛ばす、愉快な昔話です。

岩上陽子さんのほのぼのした絵が、ゆるゆると笑いを誘います。

新しい環境で不安と緊張のまっただなかにいる子たちの気持ちが
少し和らぐといいなあと願っています。





[PR]
# by arisasaki | 2018-04-12 16:36 | 出版 | Trackback