ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

かわいいのに、できるやつ

日本科学未来館で、久しぶりにAIBOに会いました。

b0231554_13373325.jpg


AIBOが誕生した1999年に、雑誌の取材で会って以来です。

もっとも今回会ったのは最終シリーズで、取材で会った初期のものとは違いますが、
気分としては“再会”でした。

AIBOは2006年の発売を最後に開発、販売が終わったため、
今はネットオークションでしか手に入らないものになっています。

家族の声を識別し、しだいに、よくかわいがる人には甘え声を出して近寄り、
逆にかわいがってくれない人のそばには近寄らなくなるという、
「ココロ」のあるペットロボット。

しかもロボットとしての最先端機能が満載で、「かわいいのに、できるやつ」
として、日本のロボット技術を海外に知らしめた製品でした。

日本のロボット開発では、介護を補助するロボットや、災害地で活躍するロボット、工業用ロボットなど、実用を重視したものがある一方で、心に訴えてくる愛玩用の癒し系ロボットというのも、開発研究されているんですね。

最近は、海外からやってきた、お掃除ロボット「ルンバ」が身近な家電ロボットとしてヒットをとばしていますが、実際に利用している方に聞いたところによると、自分で判断して掃除してまわり、自分の巣である充電ステーションに戻っていく様子が、とてもかわいいんだそうです。

なんか、わかるなー。
ご主人に従順で、合図があると動き、終わったら自分の巣に帰る。
けなげな姿はもはや単なる家電ではなく、ペットのような存在なんでしょうね。
癒し系ロボットを目指したわけじゃないのに、利用する人が親しみを寄せる存在になるなんて、開発者にしてみれば予想外のいい結果だったのではないでしょうか。

親しみあるロボットといえば、友だちであり、頼りになる兄貴でもあるドラえもん。
100年後に誕生するという設定になっているけれども、すでに、その人の行動や趣味の傾向などを分析してサービスを提案する秘書ロボットなども開発が進んでいますし、もっと近い未来で会えそうな気がします。

今の子が大人になった頃、ロボットが生活にもっと関わっているんでしょうね。

自分が老人になることを想像すると、手助けしてくれるロボットがいたら、弱っていても一人暮らしでも安心かなと思ういっぽうで、依存しすぎない、ほどよいバランスでつきあえたら、いいなーとも思います。
[PR]
by arisasaki | 2012-01-22 13:46 | レポート | Trackback
トラックバックURL : https://arisasaki.exblog.jp/tb/17661506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。