ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

viva 中年!

Facebookを通じて、学生時代の友だちと再びつながってきています。

もともとは、友人の紹介で、海外の英語の先生とコンタクトをとるために
始めたもので、その他には利用するつもりのないツールでした。

今でも使いこなそうという積極性を持てないでいますが、
友人が学生時代の写真をアップしてくれたおかげで、
いろいろなことを思い出す機会ができました。

振り返ってみて、かけがえのない時間と、いい友人を得たなあと、
しみじみ思います。

でも、あの頃に戻りたいとは思いません。

学生時代は刺激的で楽しかったのですが、自分で自分にたくさんの縛りを
設けていて、息苦しい時期でもありました。

ひとつに、バブルという時代になじめなかったからだと思います。
ブランドにも三つ星レストランにも興味がない私は、
当時良しとされていた風潮や感覚にまったくついて行くことができませんでした。

考えていたことや、いいと思うことが、友だちとは違い、
端から見ると、かなりズレていたと思います。
でも、みんなと同じノリにならなければいけないような気がして、
自分の中に湧いてくる思いに蓋をして、違う考えを取り入れようと、
もがいていました。

湧いてくる思いを無視するよう努め、
「こうしなければ、ならない」と縛りを増やし、
やがて自分を見失い、苛立ち、
自意識は強いくせに、自信をなくしていきました。


でも、こうして表現する仕事に就けたことや、
私の感性に共感してくれるパートナーと出会えたことで、
ようやく自分の気持ちをそのまま受け止めることができるようになりました。

今、すごく楽です。

感情に良し悪しの判定をする必要はないんですね。

そう思ってしまったら、しまったで、
じゃあ、どうしたら、自分なりに納得できるのか、
建設的になれるのかと、考えて実行すればいいだけのこと。

人の話もまずは受け止め、といって流されることなく、
自分なりに情報を整理して、ここと信じるところに向かっていけるようにもなりました。

加えて、批判も否定も受けて立つ!と、肝が据わりました。

歳を重ねるって、いいことですね。
こんなにも人生が楽しくなるなんて、あの頃は描けなかったです。

自分の感情に制限を設けないので、
夢も希望もふくらむばかり。
この先もバラ色(?)に見えます。
[PR]
by arisasaki | 2012-02-09 15:42 | 創作/思いつき | Trackback
トラックバックURL : https://arisasaki.exblog.jp/tb/17772284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。