ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

矛盾の中で

先日、大好きな方のお祝いパーティに出席した際、
プレゼントとして苔玉をいただきました。
b0231554_15304225.jpg

その方がゲスト一人一人を思って植物を選び、苔玉にして育ててくださったのです。

添えられたメッセージカードを読み、
こんな風に私を思ってくださっていたんだと、胸が熱くなりました。

パーティに出席しているゲストはあたたかい雰囲気の方ばかりで、
主役である彼女の人柄そのもののようなコミュニティだなあと感じたのですが、
その中に私も入っているのだと気がつき、照れくさいようなうれしさが込み上げてきました。

そうしてあたたかい気持ちにひたっていたせいでしょうか。
ここのところの迷いが、ふっきれてきました。

最近、思っていたこと。
それは、私は矛盾の中でしか生きられないのだな、ということでした。

大事な人が病気になると、なんとしても治癒してほしいと願いますが、
その治療法は動物実験を経て、つまり他の命を犠牲にしてできているということ。
(そもそも、生きるために他の生き物を食べていますしね)

武器の輸出には反対でも、軍事用システムとして開発されたGPSのおかげで
方向音痴な私でも迷わずに取材先へ行けること。

自分の仕事のために、人の時間をもらって話を聞くこと。

ちょっと取材したぐらいで、その人の心の内を知ることなどとうていできない、などなど……。

そんな矛盾だらけの中で、いったいなにを伝えるというのだろう、
どこに立って書けばいいのだろうと、足もとがぐらつくような気持ちになりました。

けれども、なにをしたいのかと問われれば、
つまるところ、これからを生きる子どもたちに、
この世は生きていくのに、そう悪くないところだと紹介したいのです。

夢とか希望とかいう、わくわくするような思いを
抱いて生きていける場所なのだと、紹介したいのです。

私は取材でお話をうかがうたび、その人の思いや行いに感動します。

一人一人の仕事や活動は例えルーティンであったとしても、
それが重なったり、つながったりしていくなかで、なにかの役に立ち、
だれかを救ったり、支えたりしているのです。

その人の存在自体が希望のように思えて、だから、他の人にも伝えたいのです。

わあ、薄っぺらいこと、言っちゃったよ、、、。
でも、そう思ったんです。

これからも、迷いながら手探りで書いていくと思います。
足もとがぐらつくこともあると思います。
でも、なにかを知ったつもりになるより、迷いながらがいいような気がしています。
[PR]
by arisasaki | 2015-10-19 15:41 | 創作/思いつき | Trackback
トラックバックURL : https://arisasaki.exblog.jp/tb/25008326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。