ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

子どもの心のケア

追加情報
18日に、日本ユニセフ協会から緊急対応マニュアルの一部「家庭でできる心のケアのヒント」が出ましたので、リンクを張ります。

大きな被害が出た地域だけでなく、余震がある地域のお子さんは、
精神面にかなりダメージを受けていると思います。
ぜひ参考になさってください。

ーーーーーー

地震報道を見た中3の息子が、首都圏の地震の心配を口にしました。
どうやら5年前の体験を思い出して、少し動揺しているよう。

報道番組を見るのは、必要最小限にしたほうがいいなと、思いました。

子どもが動揺しているとき、
幼児や小学生なら、保護者が抱っこして背中をさすってあげるなど、
スキンシップをとって「大丈夫」と、安心させてあげると、いいようです。

あとは、遊ぶことが大事。

息子ぐらいの年齢になると、スキンシップというわけにいかないので、
いざというときも、助かるシミュレーションをすることにしました。

本棚からひっぱり出したのは、
『地震イツモノート』ポプラ文庫
東京で都民に配布された『東京防災』
b0231554_22274969.jpg

イツモノートを読むと、地震時、直後、救護活動から避難所生活まで、
それぞれにどんな問題が起き、どんな気持ちになるかなど、体験談を含めて対処法が具体的に紹介されています。
さまざまな状況への心構えになりますし、
新聞紙、大判のハンカチ、レジ袋などの画期的な利用法も載っています。
内容の一部は「地震ITUMO」から、ダウンロードできます。

「東京防災」は、事前準備の要素が多いですが、
レジ袋を使ったおむつや、タオルハンカチを使った布ナプキンの作り方、
少ない水で清潔を保つ方法、歯ブラシなしで歯を磨く方法など、実用的な紹介もあります。

こちらの内容は東京防災でダウンロードできます。

また、5年前の経験からいうと、震災の2、3カ月後ぐらいから、
小学校のクラスで言い争いなどのトラブルが増えたようでした。

子どものストレスは、それぞれの性格や、
震災後の生活の変化、家庭環境などによって表出が異なり、
表情や会話が少なくなってしまう子がいれば、暴言を吐いてしまう子もいたり、
表出する時期も震災直後、数カ月後、数年後と、それぞれ違うとのこと。

子どもによっては、おえかきや、ごっこ遊びをするときに、
ものを破壊するような、災害を再現するような、
大人が見ると、どきっとする遊びをする子もいますが、
これもストレスを発散させる過程で大事なんだそうです。

大人目線で遊びをコントロールしなくても、
不安を出していけば、いずれ、おだやかな遊びに変化していくとのこと。

東日本大震災の経験から、早めに子どもの不安を受け止め、発散させる場が必要だと考えている
セーブ ザ チルドレンが、熊本に「こどもひろば」の開設をはじめたそうです。

参考までに、日本ユニセフの東日本大震災子ども支援意見交換会でなされた、子どもの遊び(プレイセラピー)の報告と、日本プレイセラピー協会のリンクを張っておきます。

日本プレイセラピー協会のサイトからは、「子どもの心のサポートマニュアル」がダウンロードできます。

これは子どもの心をケアする前に、子どもを支える大人の心のケアの手順も書かれています。

「震災後の時間と心の変化」の表もあり、
自分がいま、どんな状態かを客観的に把握することもできます。

それから、子どもとの具体的な遊び方、気持ちの受け止め方が載っていて、とても参考になります。

命をつなぐ緊急期を過ぎたら、精神面の問題がでてきます。

保護者、保育、教育関係の方が直面する問題になると思いますので、
困ったとき、上記のマニュアルが参考になると思います。。

支援のしかたはいろいろありますが、
状況を見て、情報を精査して、
私なりの支援のしかたを考えていきたいと思います。
[PR]
by arisasaki | 2016-04-16 22:59 | 家族のこと | Trackback
トラックバックURL : https://arisasaki.exblog.jp/tb/25674895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。