人気ブログランキング |

佐々木制作所・永久名誉会鳥ハピさん。従業員ささきありのつぶやき。児童書を書いています。既刊については、下記のホームページで紹介しています。https://www.sasakiari.com
by arisasaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ホームページ
カテゴリ
全体
出版
新聞
ハピさん
家族のこと
お知らせ
レポート
日々のこと
創作/思いつき
発見
アート
ワンシーン
最新の記事
家畜展
at 2019-06-13 22:14
がくしゅうメイト すきっぷ7月号
at 2019-05-31 12:01
日本児童文芸家協会の長い一日
at 2019-05-24 14:27
上野紀子先生をしのぶ会
at 2019-05-14 18:22
めいさくえほんシリーズ、台湾版
at 2019-05-09 08:14
ライフログ
記事ランキング
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
画像一覧
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
外部リンク
ファン
ブログジャンル
第27回ひろすけ童話賞
拙著『おならくらげ』(フレーベル館)が、第27回ひろすけ童話賞に決まりました。
b0231554_10431301.jpg

10月1日の発表以来、多くの方々からお祝いのメッセージを頂戴しまして、
とてもうれしく、心から感謝しております。

『おならくらげ』は、
主人公のヒロキが自分がいやになって、つらくなったとき、
おならをしたら、おならくらげが出てきた、ということから物語が動きます。

この本のもとになった作品は、11年前に書きました。
このときは、おならくらげの正体は、
人のイライラを食べて生きる「不満を少なくするもの」として書いていました。

けれども、時を経て改稿している最中、その正体はちがう気がしてきました。

初めのうち、おならくらげの正体は、
心のなかでいっぱいになってしまった気持ちだと思っていたのですが、
いっぱいになった気持ちは心の表層にあるもので、
もっと深いところにある気持ちは、ちがうのではないかと、思いました。

日頃、私たちは社会にただよう価値観によって、
自分の幸せ度を測っている傾向にあると思うのですが、
もしも魂のようなものがあるとしたら、
現代の価値観でいいとか、悪いなどと判断してないんじゃないかと、思ったんです。

心の深いところにある気持ちは、なにを望んでいるのだろう。

そんな思いから、受賞作の『おならくらげ』になりました。

また私は、多様な生物がいるからこそ、互いにうまく生きていけるようになっている、
という生物多様性のしくみが好きなので、その思いも物語にそれとなく入っています。

おそらく、10年の年月をおいたからこそ、この"かたち"になったのだと思います。

ここに至るまで、作家仲間にアドバイスをもらうなど、
多くの方々にお世話になりました。

編集担当者さんは、私からこの物語を引き出してくださり、
もっとやわらかい言葉に置きかえるのを、ぎりぎりまで待ってくださいました。

ザ・キャビンカンパニーさんは、物語の世界を絵で広げてくださいました。

ブックデザイナーさんは、楽しげな雰囲気を出してくださいました。

今回の受賞にともない、倉庫担当者さんは、在庫の本に新しい帯を巻き直してくださいました。

受賞できたのは、そうしたみなさんの力のおかげです。

本当にありがとうございました。

受賞を機に、『おならくらげ』がより多くの方に読まれたらいいなと、願っています。














by arisasaki | 2016-10-06 10:45 | お知らせ | Trackback
トラックバックURL : https://arisasaki.exblog.jp/tb/26253537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 毎日小学生新聞:発光生物はなぜ光る? 展覧会日和 >>