ささきあり with happiness

arisasaki.exblog.jp
ブログトップ

感動のどうぶつ物語 希望の光

シリーズ7冊目
『感動のどうぶつ物語 希望の光』(西東社)が4月2日発刊されます。
b0231554_09193497.jpg
今回のテーマは「希望」
生きものと関わるうちに、自分がこの命を守らなければという自覚が生まれてくる。
そんなドラマが詰まっています。

わたしは今回、日本で最初の小鳥のお医者さんからバトンを引きついだ
獣医師・広瀬学先生をモデルにした「小鳥のお医者さん」などマンガシナリオを3編、
盲導犬ユーザーになった女性のとまどいや成長を描いた
「わたしとソラが奏でる音」など短編小説3編を書きました。

このシリーズの取材をしてきて思うのですが、
どうぶつ医療の問題は、人間と通じるものがありますね。

どうぶつの医学も進歩していて、そのぶん選択肢が広がってきました。
ただし人間の医療と同じで、どんなに手厚い医療を施しても必ず快復するわけではありません。

同じ処置をしても、個々の体質や体力、病気の質によって経過は異なります。
だれにとっても万能な医療などないのです。

そこを理解したうえで、どこまで処置を求めるか。
年齢的なことや身体が衰えているものに、どこまで治療を施すのか。
それは本人が望むことなのか。
それとも家族がその人(もの)を失いたくなくて延命させているのか……。

人でもどうぶつでも、難しい選択です。

獣医師にもいろいろな考えがあり、最新医療で最大限の治療をする方針だったり、
その命が持つ力に寄りそい、生きる手助けをする範囲で治療する方針だったり、
かかる費用も含めていくつかの治療法を提示する方針だったりと、さまざまです。

自分の意志を表明できない命に対して、どう向き合うか。
相手を大事に思っていればいるほど、迷うものでしょう。

ですが、どの決断も正解です。
相手を思って悩み抜いての結論に、まちがいはありません。

大好きな相手を失ったあと、後悔がどっと押し寄せてくることもあるかもしれませんが、
どうかご自分を責めないでください。
自分を思ってくれたことに不満をもつ人(もの)はいないでしょう。

命の長さより、楽しい、うれしいと思える時間があることのほうが大事。
そうわたしは思っています。

生きているいまを精一杯生きる。
命を使いきる。

それができたら、幸せだったと言っていいのではないでしょうか。






[PR]
by arisasaki | 2018-03-31 10:14 | 出版 | Trackback
トラックバックURL : https://arisasaki.exblog.jp/tb/28221394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。