取材のしかた

先日、庭時計で、わたしの取材のしかたについて話させていただきました。
取材は出版社に就職してからはじめたことだと思っていましたが、
振り返ってみて、基本は学生時代に学んだのだと、気がつきました。

文化人類学のフィールドワーク、日本美術史の論文の書き方とも、
できるだけ信頼性の高い情報を得て、
実際に現場、現物を見るというものでしたから。

当時、教授はよく「孫引きをするな」と話していました。
ほかの人の論文に書かれた引用文をそのまま引用してはいけない。
書き写す時に間違えていることもあるわけで、
必ず原文を探して確認するように、という意味です。

これって、ネットで調べるいまこそ、大事なことですよね。
引用を重ね、なにを根拠にしたのか、わからない
という情報が出回っていますからね。

今回は学生時代に学んだ内容にはじまり、
わたしがフリーランスになってからした仕事のあれこれを示しながら、
この記事ではどんなことに焦点を絞って取材しているか、
雑誌で求められること、ノンフィクションで必要なことなど、
媒体ごとに異なる視点、気をつけていることなどを話しました。

振り返る機会をいただけたことで、自分の仕事を整理できました。
本当にありがたかったです。

それと、物語を書く上では、目的のないインプットが大事ですよね。
わたしが毎年、楽しみにしているのは、東京藝術大学の卒展・修展です。
b0231554_10512382.jpg
斜め上いく発想が刺激的なのです。
見ていると、頭の中でぼんやりとイメージが浮かんできたりして、
わたしにとっては、大事なものになっています。

あと、ここ数年注目しているのは、深海生物。
b0231554_10563168.jpg
葛西臨海水族園で「深海」をテーマにした展示をしていたので、
行ってきました。

b0231554_10573458.jpg
写真の上から2番目の「ラブカ」は、
「シン・ゴジラ」の第2形態のモデルになったといわれているんですよね。
はじめて生で見ました。
スタッフの方が「ぜひアップでも撮ってみてください」と言ってくださったので、
b0231554_11003341.jpg
歯のかたち、おもしろいですね。
このあごで、ガブリとやられたら、簡単には逃げられないでしょうね。


1月末から2月にかけては、
仕事の打ち合わせをしたり、
日本児童文芸家協会の活動をしたり、
確定申告の書類を作ったり、あたふたしてました。

計算はほんと苦手で、ヘンな力が入るのか、首・肩こりがマックスに。
いただいたチョコレートで、一息つきながら、作業しました。

横浜土産、霧笛楼のチョコレートケーキ。濃厚!
b0231554_11122444.jpg

ゴディバのチョコレート。
錦鯉のパッケージ、チョコのデザインがオシャレ。
b0231554_11125392.jpg
2月もあっという間に過ぎるのでしょうね。
インフルエンザも流行っていますし、
みなさま、お体大事になさってくださいませ。





トラックバックURL : https://arisasaki.exblog.jp/tb/29235617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by arisasaki | 2019-02-03 11:15 | レポート | Trackback