人気ブログランキング |

佐々木制作所・永久名誉会鳥ハピさん。従業員ささきありのつぶやき。児童書を書いています。既刊については、下記のホームページで紹介しています。https://www.sasakiari.com
by arisasaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ホームページ
カテゴリ
全体
出版
新聞
ハピさん
家族のこと
お知らせ
レポート
日々のこと
創作/思いつき
発見
アート
ワンシーン
最新の記事
いがらし あつしさん初出版祝賀会
at 2019-07-21 10:49
浜田広介記念館30周年記念式典
at 2019-06-25 18:23
第52回夏休みの本(緑陰図書)
at 2019-06-18 07:09
家畜展
at 2019-06-13 22:14
がくしゅうメイト すきっぷ7月号
at 2019-05-31 12:01
ライフログ
記事ランキング
以前の記事
2020年 12月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
画像一覧
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
外部リンク
ファン
ブログジャンル
<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ちがいのわかる男
今週も、インコのハピさんは何度か危ない状態になりつつ、
お医者さんのおかげで、なんとかもちこたえています。
b0231554_13591342.jpg
ハピさんは胃炎のため、食べられるものが限られています。
お医者さんに「与えていい」といわれているのは、
麦、トウモロコシ、エダマメ、カステラ、蒸しパン、たまごぼうろ、ビスケットなど。

今週に入ってから、これまで食べていた麦に飽きたのか、
食べてくれなくなったため、
ほかに食べてくれるものを探しました。

カステラは口にしてくれず、
たまごぼうろも、バニラエッセンスの香りのするものはダメで、
添加物のない、ちょっとかためのものは、少しだけかじってくれましたが、
主食となるほどには食べてくれません。

ヒットしたのは、トウモロコシ。
ゆでたものをあげると、バクバク食べだしました。
b0231554_13585702.jpg
でも、これにも微妙に好みがあるらしく、
ブランドは「未来」で、ゆでたてでないと、食いつきが悪くなります。

とはいえ、毎回、ゆでたてというわけにはいかず、
冷凍したものを電子レンジであたためて与えるのですが、
水分が蒸発してかたくなってもダメ、
水っぽくてもダメ、なんです。

「未来」が出回らなくなったら、どうしたらいいの〜。
切実に、ゆでたてのように解凍できる方法が知りたいです!

また、食欲が出たのはよかったのですが、
トウモロコシで水分が足りてしまうらしく、
薬を混ぜた水を飲まなくなったため、嘔吐の症状がでるようになりました。

で、お医者さんが処方してくださったのが、
点薬用の吐き気止めの薬と胃薬と抗生剤、それに栄養剤。

栄養剤は「エンシュア・リキッド」といって、
胃などの手術をした人に処方されるものです。
b0231554_13590290.jpg
これを点眼用の容器に入れ、残った分は冷凍保存。
あげるときは、湯煎で約40℃にあたためます。

薬は冷蔵庫で保存し、あげる前に室温に戻します。
b0231554_13590518.jpg
いやがるハピさんを左手で保定し、
ちょっと開いたくちばしに各1滴ずつ入れます。

ところが、困ったことに、吐き気止めの薬が効きすぎてしまい、
ハピさんに異常行動が出てしまいました。

もともと副作用として、ハイテンションになる傾向のある薬でして、
ハピさんは鳥かごの中をバタバタ飛び回り、
温度計のうしろに入りこんだり、
上のほうまでのぼって落下したりと、
少しもじっとしていられなくなってしまったのです。

本人も不安らしく、手にあまえてきます。
首まわりをかきかきしてもらいたがったり、手からはなれなかったり……。

ハピさんはマイペースな性格で、手で触られるのは好きではなかったので、
あまりの変わりように、びっくりしました。

お医者さんいわく、
小鳥も体調が悪いと心細くなって、性格が変わるとか。

結局、吐き気止めの薬は、薬の配分率を低くして、
様子を見ながら1〜3滴ぐらいで調節できるようにしていただきました。

それから、少し落ち着いていますが、
今日はまた曇天のため、元気がありません。

止まり木にとまって、じっと目をつむっています。
おそらく「お腹が痛いのをがまんしているのでしょう」とのこと。

というわけで、一日一日、命をつないでいる状態ですが、
なんとか、つなげ続けたいと思っています。



by arisasaki | 2015-06-27 14:13 | ハピさん | Trackback
一進一退
退院後も、ハピさんの体調には波があります。
b0231554_10371641.jpg
局所的な豪雨があった日は、低気圧の影響か、嘔吐。
病院で吐き気止めの注射をうってもらい帰宅、
雨があがって少しした頃から、調子が上がってきました。

翌日は早朝、試験勉強をする息子につきあって、居間で仕事をしていたところ、
鳥小屋から、ゴソゴソゴソ……、ポテッ!

なにごとかと思ったら、
ハピさんが小屋から抜けだし、トテテテと、走ってきました。

病鳥を看護するときは保温が第一。
小動物用のヒーターを設置して、30〜32℃を保つようにします。

具合の悪いときはほとんど動かなくなるので、
とまり木をはずすか、低い位置に設置して、
キッチンペーパーを敷いた床にエサをばらまきます。

小鳥はちょこちょこ食べないと、生きていけないので、
少しでも食べてもらえるように環境を整えるのです。

あたたかい空気が上にたまらないよう、
かごの天井部分をはずして低くし、ビニールカバーで覆っていたのですが、
ハピさんは柵をのぼって、ビニールカバーのすき間から脱走したのでした。

元気な様子に、ほっ。
それならと、高い位置にとまり木をつけ直し、以前に近いレイアウトにしました。

それから数日は元気だったのですが、
今日は曇天を反映して、朝から、どよ〜ん。
b0231554_10374335.jpg
エサを食べず、小屋の隅っこでかたまっています。
こうなると、どんどん体調が悪化するので、手でエサをあげます。

元気だったころは33gだった体重が、入院時は24gまで減少。
お医者さんいわく、25g以下になると命に関わってくるそうです。

とにかく、食べてもらわなくては!

目の前にエサを持っていくと、とりあえず、かじります。
それが呼び水となって、自分でエサを食べ出すことがあるのですが、
今日はかじっても、飲みこんでいないよう……。
b0231554_10372855.jpg
ハピさんは胃炎のため、いまは胃に負担のかからないエサをあげています。
栄養バランスのとれたペレットがいいのですが、食べてくれないので、
主に麦と、少しだけかじってくれる、ゆでた枝豆をあげています。

昨日は体重が28gまで上がりましたが、今朝は27g。
ほとんどエサを食べていないので、明日はさらに下がってしまうと思います。

うう、低気圧、早く去ってくれないかな−。
ハピさん、元気になっておくれ〜。
b0231554_10372578.jpg
「朔ちゃん……」(世界の中心で愛をさけぶ)を思い出しました。






by arisasaki | 2015-06-21 11:03 | ハピさん | Trackback
インコ療養中
ゴールデンウィークから体調を崩し、
少し元気になったかな?と、不調を繰り返し、
とうとう入院してしまったインコのハピさん。

入院中もよくなったり悪くなったりと波がありつつ、
1週間経った本日、なんとか退院することができました。

写真は、療養仕様の鳥かごレイアウト。
すべて低い位置に配置しています。
b0231554_19360479.jpg
セキセイインコのほとんどがヒナの時に親鳥から感染しているという、
メガバクテリア症(AGY)からの胃炎。

ネット上の情報によると、早期発見、早期対処が基本。
菌を死滅させないと、発症してからでは手遅れになる場合がある。

ところが、一度菌を死滅させてからの再発もあり、
再発は重篤になりやすいとありましたが、その通りでした。

今日のハピさんはわりと調子がいいです。
が、気圧が低くなると、一気に体調が悪くなるので、まったく安心できません。

ともかく、お医者さんに教わった看護方法を実践するのみです。

インコの飼育をしている方の参考になるよう、
後日、看護方法をご紹介しますね。


話変わって、6月14日の毎日小学生新聞、
「きょうのなぜ?:なぜ目の検査をするの?」の記事を書かせていただきました。
(イラストは、うちやまだいすけさん)
b0231554_19384512.jpg
「見る」ことは、極めて個人的なもので、
どう見えているかは、本人でないとわからない。
幼児期からピントの合わない見え方しか知らない場合、
いろいろ不都合なことがあっても、本人は気がつけないんですね。

勉強嫌いになったり、運動や工作が苦手になったりする原因が、
見え方に関わることもあるそうです。

お話をうかがった眼科医の味木幸先生によれば、
早期に発見できれば、見る力をのばす対処方法があるとのこと。

できれば、3〜4歳までに、遅くとも6歳までには
弱視を発見することが大事とのことです。

記事は毎日新聞のサイトでも読めます(無料の登録が必要です)。


by arisasaki | 2015-06-15 19:55 | ハピさん | Trackback
総選挙
我が家には高位の称号がある。
「おさしみ」さん、もしくは「ねりきり」さんである。

お察しの通り、
家族みんなが好きだけど、
家計の事情から積極的には購入しないものを
提供してくれる人に与えられる称号だ。

いまのところ、その称号を欲しいまま(?)に冠するのは、義姉ただ一人。

義姉はしょっちゅう拙宅に泊まりに来る。
時々「おさしみ」もしくは「ねりきり」を買ってきてくれる。

買ってきてくださった日は、畏敬の念をもって
称号を冠してお礼を申し上げる。

さて、次はどちらの称号でお呼びしよう。
ということで、「第一回えりこ(義姉の名)総選挙」を行うこととなった。

「おさしみえりこ」VS「ねりきりえりこ」だ。

それぞれが推すほうの良さを主張し合う。
途中、主張が脱線し、議論が紛糾する場面もあったが、公正な投票を行った。

結果、2:1票で、「ねりきりえりこ」が勝利。
b0231554_09425123.jpg
私は、勝利の喜びに打ち震えながら就寝。
ねりきりえりこがセンターに立つシーンを思い描いた。

今朝、起きてみると、
「フグ」に3票が投じられていた。

もちろん、違反につき無効である。



by arisasaki | 2015-06-03 09:52 | 家族のこと | Trackback