人気ブログランキング |

佐々木制作所・永久名誉会鳥ハピさん。従業員ささきありのつぶやき。児童書を書いています。既刊については、下記のホームページで紹介しています。https://www.sasakiari.com
by arisasaki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ホームページ
カテゴリ
全体
出版
新聞
ハピさん
家族のこと
お知らせ
レポート
日々のこと
創作/思いつき
発見
アート
ワンシーン
最新の記事
つらい、苦しい気持ち
at 2019-08-27 11:48
「ジュニアメイト」「すきっぷ..
at 2019-08-09 12:32
いがらし あつしさん初出版祝賀会
at 2019-07-21 10:49
浜田広介記念館30周年記念式典
at 2019-06-25 18:23
第52回夏休みの本(緑陰図書)
at 2019-06-18 07:09
ライフログ
記事ランキング
以前の記事
2020年 12月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
画像一覧
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
外部リンク
ファン
ブログジャンル
<   2019年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
つらい、苦しい気持ち
掃除機が、「ピピピピピ」と鳴って、止まる。
見れば、「掃除機を掃除してください」という表示。

毎回、たまったゴミを排出しているのに、なんで?

スイッチを入れ直して使っていると、また「ピピピピ」。
なんだろう、壊れたのかな?

調べてみると、パーツをはずして洗う必要があるとのこと。

そうだったんだ……。
わたしは、きみの苦しさに気づかず、
「ゴミはたまってないよ。気のせいだよ。がんばれ」
って、押しつけてた。
ごめんね。

そう、つぶやいて、ふと思いました。

これは、人に通じるな、と。

本人が「もう、いっぱいいっぱいです」と心の中で叫んでいても、
まわりは気づかない。

いや、気づいていても、ズレている。
「ほら、こうしたらどう? これでいいんじゃない?」
対処しているつもりで、
実のところ、相手の苦しさ、つらさの解消には、まったくつながっていない。
むしろ、追い込んでいる危険さえある。

本人は、なにがつらいのか、どうつらいのか、
的確に言葉で表すことができなくて、それがまた苦しくなる。

つらさ、苦しさの原因を言葉で表せたら、
追いつめられるほど苦しくはならないのでは?

気持ちを言語化することって、本当に難しくて、
でも、できたら、自分を助ける力になるのにな。

わたしは子どもの頃から、ずっとそう思ってきました。
だからこそ、児童書の作家になったのだと思います。

(そうそう、そういう気持ち。わたしだけじゃなかったんだ)
と、読む人に少しほっとしてもらいたいんです。

だから、できるだけ希望のある展開にしたいと思っていますが、
人それぞれ求める展開が違うので、ホント難しい……。

とにかく、求めている人のところに、気持ちに合う本が届くよう、
そんなしくみができたらいいなあと、切望しています。





























by arisasaki | 2019-08-27 11:48 | 日々のこと | Trackback
「ジュニアメイト」「すきっぷ」9月号
メイトの月刊絵本『ジュニアメイト」9月号にて、
「ぶれーめんの おんがくたい」
文/ささきあり 絵/永吉カヨ
b0231554_12125298.jpg
おなじくメイトの『すきっぷ』9月号にて、
「はじめての うちゅうひこう」
作/ささきあり 絵/夏目尚吾 写真/アマナイメージズ
が掲載されました。
b0231554_12135337.jpg
「ぶれーめんの おんがくたい」は、
老いて、人間に役立たずとされた動物たちが、泥棒をやっつけ、
自分の居場所を見つけるという、痛快なストーリーです。

ブレーメンはかつて音楽が盛んで、みなが憧れる町だったそう。
東京に出て音楽で勝負するという感覚に似ているのかな?
お話では、ブレーメンに行かずとも居場所を見つけた結末でした。

場所はどこでもいい、自分の居場所は自分で開拓できる
という意味にとれて、シンパシーを感じます。
いまは、動画サイトで発信して音楽を仕事にすることもできますし、
場所を選ぶ必要はないですよね。

「はじめての うちゅうひこう」は、宇宙飛行に挑戦した人々の歴史を
ぎゅっと凝縮して、表しました。

むかしから人々は宇宙に憧れ、
宇宙のなぞを解き明かしたいと思ってきました。

かくいうわたしも、宇宙のなぞを知ると、わくわくします。
解明してほしい気持ちと、
ずっとなぞのままでいてほしい思いがあります。
たぶん、それこそが憧れなのでしょうね。



by arisasaki | 2019-08-09 12:32 | 出版 | Trackback